TOP > 英語学習法 > 王道をいこう!英語を学ぶための簡単で早い15の素晴らしいヒント

2016.11.01(Tue) 英語学習法

王道をいこう!英語を学ぶための簡単で早い15の素晴らしいヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加


マトリックスは見たことありますか?もし観たことがあれば、メインキャラクターのネオがトレーニングを経験するシーンを覚えていると思います。

ビーチでランニングするシーンや、徐々に強くなるためにトレーニングをするシーンを見せる代わりに、他のキャラクターが単純にプログラムを直接ネオの脳に入れています。
数秒後、ネオは目を開きそして”カンフーを知ってる”と言いました。見ていない人々は、ここからそのシーンを観てみて下さい。:

今皆さんは外国語を学んでいるので、多分がなぜこれについて話しているのか理解できるでしょう。

私がそのシーンを見た時に、”ドイツ語とスペイン語が、このシーンのようにわかるようになれればなぁ!”と思いました。もしこのブログを読んでいたら、英語を学ぶことについて、同じことを思うかもしれません。

残念ながらマトリックスはただのファンタジーで、あのようなコンピュータープログラムも、すぐに英語が身につくマジックのような薬はありません。多くの努力と集中が必要になります。.
しかしこれを読んでいるということは、最初のステップを踏んでいるでしょう:成長したいという十分なモチベーションをお持ちなのです。

どのくらいすでに英語をしっているかどうかには関係なく、英語の上達に役立つ15のステップをみていきましょう。それぞれのヒントは言語上達に役立つ例題とリンクを含んでいます。

英語を早く簡単に学ぶ15個の素晴らしいヒント

1. 練習!練習!!練習!!!

%e8%8b%b1%e8%aa%9e_%e5%ad%90%e4%be%9b_%e5%8b%89%e5%bc%b7

ご覧の通り、英語をすぐに学べるマジックのような方法はありません。それに対したくさんの努力をしなければならないのです。
明らかに、もし授業があったら、授業に参加し、宿題を行い、できるだけ勉強するでしょう。もし授業をうけていなくても、時間がある時に練習してみて下さい。

幸運なことに、インターネットが使えるので、今まで以上に練習が簡単になりました。

もしかしたら自分自身で勉強をしたいかもしれません。
その場合は、多くの多くのリソースやヒントがあります。またはもしより構成されたものを好むのであれば、メインのコースとしても追加のコースとしても使用できる、検討できるフリーのオンライン英語コースがあります。

また、FluentUFluentU Appをまだ使っていない方は、是非みてみてください。とてもおもしろく、勉強になり、楽しく、お手頃な値段です。ビデオをみたり、単語を学び練習したり、クイズをして英語のスキルを上達させることができます。15日間のトライアルもあります。

2. 練習すればするほど早く学べる方法

著者Malcolm Gladwellは、何かに卓越するためには、1万時間以上費やさなければならないと主張しています。

もしそれが多くの時間だと感じるのであれば、その通りです!なのでできるだけ早くその時間を作り始めましょう。

もし文法を頑張りたいのであれば、通常通り文法を学ぶこと共通の間違えの確認しましょう。

もしリスニングで困っているのであれば、インターネットで使えるリスニングのリソースについて通常の概要から始めましょう。それからpodcastsaudiobooksを使ってみましょう。
もし動画も見たいのであれば、映画テレビで英語のリスニングを上達させるのに役立つものを使用しましょう。

リーディングのスキルは練習しやすく、簡単な本映画から出来た本を探してみると良いでしょう。

発音やスピーキングはもしネイティブスピーカーがいなければ、練習するのは少し難しいと思います、しかし上達するのは不可能ではありません。通常のスピーキングの練習の戦略から始め、話すパートナーがいなくても使えるものもあり、そしてウェブサイトを通してオンラインで話すこともできるのです。発音を上達させるための記事を読むこともいいでしょう。

そして最後に確実に必要なものは単語でしょう。もしかしたらイディオムを学びたいかもしれませんし、ことわざを学びたいかもしれません。またはロボットのように話すことが疲れていたのならば、英語のスラングを学びたいでしょう。
使えると思ったものは学び、しかし使ってはいけないのもあるでしょう

また、特定のトピックに繋がっている単語料を増やすのもいいでしょう、例えばスポーツなどです。(特にスポーツはsoccer/football), 健康やフィットネスなど。そして食べ物空港などもいいでしょう。

もしこのヒントが多くみえたら、それがポイントとなります。そしてそれらのヒントを忘れずにして下さい。そして多くの言語を学べるウェブサイトが多くありますので、御覧ください。

3. モチベーションを見つける

%e8%8b%b1%e8%aa%9e_cant_%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9

どんなゴールでも、理由があれば、言語を学ぶことはより簡単で楽しくなるでしょう。言語を学ぶ時が辛くなった時、その理由が助けてくれるので、どうして学びたいのかに集中してみて下さい。

例えば、仕事を得るために英語を学びたいのですか?旅行ですか?クラスの女の子や男の子に好印象を与えたいからですか?または難しく見れるので、チャレンジとして単純に学びたいですか?モチベーションが何であれ、そのモチベーションを見失わないようにして下さい。

さらに英語を学ぶのは一つ以上の理由があることを確認すべきです、そしてモチベーションは時に変わるかもしれません。

4. 一生懸命勉強し、一生懸命遊ぶ。

英語学習_オンライン

上記のヒントはこのアイデアを暗示させるものでしたが、重要なのは:英語を学ぶことは楽しんだ方がより良いということです。英語を学ぶためのボードゲームで遊んだり、英語を学ぶ上でゲーミフィクションを含む方法を探したりなど、ゲームとして楽しむ方法を試すべきです。

“Billy Madison”という映画の中では、BillyはガールフレンドのVeronicaと勉強をしています。
もしBillyが正しく答えられれば、彼女は洋服を脱ぎます。なので”ストリップをしながら勉強”方法はオススメしませんが、Billyが楽しく勉強する方法を見つけられたので、その方法への情熱は認めます。

5. 未来への良いアウトプットのため、今インプットを多くしよう!

すべての言語のクラスでは、リスニングやリーディングをたくさんする期間があると気づくでしょう。その期間はスピーキングやライティングを始める前に通常来ます。それは何か新しいことを学ぶ自然な方法です。自分自身で行う前に、どのように出来るのかみてみましょう。

このためのイディオムもあります。: “Don’t put the cart before the horse.”(本末転倒)
これは、ときには順番で物事を行わなければならない、ということです。このケースでは、最初にインプットをできるだけ行い、アウトプットにストレスを感じないようにすることです。(ストレスとは、スピーキングとライテイングのことです。)少なくとも最初のうちは。

6. 最初にコミュニケーションに集中する。

英語_聞き直し

英語の単語は数多くあります、それらの発音は違い、スペルもとてもごちゃごちゃです。それに加えるなら、皆さんが完璧でなければ、英語を学ぶ時は必ず間違えが起こるでしょう。間違えることを受け入れることが良いのです。

もう受け入れているのならば、素晴らしい!

人々とコミュニケーションをとるのが簡単になり、言いたいことをスムーズに伝えられるでしょう。学ぶ過程において、のちに完璧に仕上げていくことができます。
なので、どのようにコミュニケーションをとるパートナーをみつけますか?クラスメイトととっても良し、またはヒント1.2で伝えたリソースを使ってもいいでしょう。

また、フェイスブックやSNSで英語を学ぶ友達をみつけましょう。インターネットを使って英語を学んでいる人やイングリッシュスピーカーを見つけること、またはCouchSurfing.comのような、旅行中に新しい人々と出会える可能性をくれるサイトを使うのもいいでしょう。

7. 構成を忘れないで

ヒント6を言ったにも関わらず、英語を正しく話す方法を受け入れることを忘れないでください。英語学ぶ過程の最初は、スピーキングに通常フォーカスし、間違えを気にせず、しかしレベルが上がってきたら、文法やスペル、単語を正しく選択することに注意しましょう。

言語はビル、そして文法は構造だと考えてみて下さい。もし良い構造がなければ、いつかビルは破壊されます。Englisch-Hilfen.deのようなウェブサイトを使い、破壊することを防ぐか、またはFluentUにある他のポストのレビューによって、英語の構造を成長させ間違えをさけましょう

8. 英語を学ぶことは直線ではないことを理解する。

もしクラスにいるのであれば、テキストやカリキュラムに沿って、特定の順序で文法のポイントや最近のトピックを含むリソースを見つけられるはずです。

通常、物事は簡単なことから難しいことへ、時間の経過と共に進んでいきますが、それはいつも本に沿ってやるべきということではありません。

いつか飽きて新しい、本に載っていない特定の情報を探したくなる時もくるでしょう。そして一度立ち戻り、最初にやった時によくわからなかった教材を確認しなければならない時もくるでしょう。それは良いことで普通のことです。

また、英語を話す無敵のスーパーヒーローだと感じる時がくることを理解すべきで、人生を守るための文章が完成しないと感じる時がくることがあることも、理解すべきです。
そのようなアップダウンは普通で、ただ辛抱強く頑張れば、確実に成長します。

9. すべてを訳さない

教える立場として、生徒が頻繁にこの問題を抱えていることに気づいています。

すべての単語を辞書で頑張って確認していましたが、インターネットやグーグル翻訳で、それはとても簡単になり、訳すことが早くなりました。

この誘惑はさけましょう。

その理由として、もし本当に文章のすべての単語を訳していたら、ネイティブスピーカーが聞くと、とてもひどいものになっていると思います。それはすべての言語において発生することです。

一方、もし英語のテキストを読んでいて、自分の母国語にやくそうとするのであれば、そんなに悪いことではないかもしれません。多分時間の無駄で、混乱はさせますが、少なくとも話しかけている相手を混乱させることはないでしょう。

10. 言語用ジャーナルを付ける

英語メール_Mac

ノートを買うか携帯やパソコンのファイルに、学んだ英語を書き残して下さい。毎回新しいことや重要なことを学ぶたび、定義と共に残しておきます。例えばもし可能であれば、ライティングの練習として英語での経験を書き残しても良いのです。

そのように言語用ジャーナルを付けることのメリットは、ライティングの練習にもなり、新しい単語の強化にもなります。理解し新しい単語を覚えておくために、少なくとも3回はその単語を使わなければならないと言われています。なので言語ジャーナルはとても役に立つのです。

そして、もし自分の言語用ジャーナルの始めの方をみてみると、どのくらい自分が進んでいるのか、じっくりと見直すことができ、今どのくらい覚えたかを比較してみると、驚きとモチベーションになるでしょう!

11. 着実に、責任を持って。

これはさらにゴールを設定するヒントで、正確な英語を学ぶヒントとは相反しています。

実際は、着実に、責任をもってゴールに向かえば、厳格なゴールがあることでより成功に近づくかもしれません。

“The Tortoise and the Hare”(うさぎとかめ)のお話の中の、ゆっくりと確実にレースに勝つようなものです。

もし毎日15分、英語の勉強に費やすことができれば、多分1つの部分を3時間勉強するよりもいい結果になるにちがいありません。または1日35分間英語を学ぶプランはいかがですか

同時に、もしクラスメイトや家族の中に、英語を学ぶパートナーがいるのであれば、皆さんのモチベーションをあげ、勉強を続けさせ、自分のプランに厳しくいられるでしょう。

12. 現実的でいること

一日10時間練習できれば、それは素晴らしいことですが、それはありえないことでしょう。自分の限界を認識し、特に時間に限りがあるときは、限界の中で頑張って学びましょう。

ヒント11でお伝えしたように、もし15分だけでも毎日勉強するのは、1日2時間勉強するという続かない大きなプランよりも、出来ることでしょう。

また、ヒント3で伝えた自分のモチベーションに対しても現実的であってください。もしビジネスミーティングのために英語を学びたいだけならば、観光や休日に使うボキャブラリーに着目した本を買うのは意味がありません。

13. 自分のレベルをあげるために自分のレベルを知る

ヒント12とニていることですが、自分の限界を認識するために、最初に限界が何かを理解する必要があります。

テストは楽しいものではないですが、どの部分を一番上達させるべきか判断することが必要となります。CapilanoOxfordCambridgeなどのウェブサイトはすべて独自のテストがあり、インターネットで簡単に検索することができます。

一度、自分自身のスキルを確認すれば、正しい方向に進むのが簡単になるでしょう。

14. 最初から発音には気をつける

これはヒント6と7をあわせたアドバイスで、後々直そうとしても、もっと難しくなるので、英語を学ぶ早い段階で発音には気をつけて学んで下さい。

もし最初のうちに間違えを直せてれば、それは永遠に続き、良い土台となります。

ShipOrSheep.comを使って、正しい発音を聞いて真似して下さい。発音を学んでいる間は、ライミングワードを見つけて、発音のパターンの土台を作りましょう。

15. テクノロジーは友達です、使って下さい。

英語_楽しい

今までのヒントで多くのリンクが含まれていることから気づいているとは思いますが、インターネットは言語を学ぶのにとても良いツールです。私は未だに本が好きですが、本当に話すときは、インターネットを使って英語のスキルを学ぶ方が、テキストをみて学ぶよりもより一般的です。

英語を学ぶのには何のマジックもありませんが、インターネットはマジックに一番近い、英語を早く学ぶためのプログラムになるかもしれません。

なのでWikipediaを使い続け (Wikipediaの簡単な英語のバージョンでも)
FacebookやSnapchatを使い、テキストでメッセージを送り続け、YouTubeで音楽を聞き、そして書き続けて下さい
実際、どんな方法でも皆さんのスキルをあげる助けになるので、すべてのリソースの良いところを利用していって下さい!

もしこのヒントに沿っても、すぐに英語を完璧に話せるわけではありませんが、もしヒントに沿ってやれば、英語を上達させることはできるでしょう。

その時は、視野を広げて、マトリックス・ネオのまねをし、“I know English!”(英語がわかる!)と言いましょう!

(※この記事は、FluentUに掲載された「15 Great Tips for Learning English Quickly and Easily」を翻訳し一部加筆・修正した内容です。)

The following two tabs change content below.
Fujico

Fujico

大学時代、そして卒業後に北米へ渡航。カナダでは現地で就労経験もあり、今は日本でライター兼観光プランナーとして活動中。英語は勉強ではない、生き物だ!をモットーにTOEIC300点代から800点まで独学であげた方法などをお伝えできればと思います。
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Fujico
Fujico
大学時代、そして卒業後に北米へ渡航。カナダでは現地で就労経験もあり、今は日本でライター兼観光プランナーとして活動中。英語は勉強ではない、生き物だ!をモットーにTOEIC300点代から800点まで独学であげた方法などをお伝えできればと思います。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ