TOP > TOEIC > スマホでTOEIC対策するならiPhoneアプリ『アプトレ』を使おう

2016.01.19(Tue) TOEIC

スマホでTOEIC対策するならiPhoneアプリ『アプトレ』を使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICで高スコアを取りたいと思っても、忙しくてなかなか勉強できない。そんな人も多いと思います。そこで今回は、スマホのアプリでTOEICの全パート対策ができるTOEIC®TEST実力判定『アプトレ』をご紹介します!スマホ1台で、とことんTOEIC対策ができる超おすすめアプリです。

スマホで英語学習するならTOEIC®TEST実力判定『アプトレ』

TOEIC®TEST実力判定『アプトレ』

TOEIC全パートの問題がスマホで解ける

TOEIC対策と言うと、公式問題集や参考書を持ち運ぶイメージを持っている人も多いと思います。ですが、このアプリはスマホでリスニングだけでなくリーディングも含めた全パートの問題を解けるので、いつでもどこでも場所を選ばず勉強ができます。

スマホで英語学習するならTOEIC®TEST実力判定『アプトレ』7

 

リーディングの長文問題も、操作しやすい画面でサクサク解けます。紙とペン、参考書の3点セットがなくても長文問題がスマホで解けるのは個人的にも非常に便利で嬉しいですね。仕事をしていても外出しても、どこでも空き時間を有効活用できます。

TOEIC®TEST実力判定『アプトレ』3

 

パート5の文法問題ももちろん網羅されています。これくらいであれば、3〜5分のすきま時間でも問題が解けるのが便利なところ。

TOEIC®TEST実力判定『アプトレ』2

 

解けた問題数によって、実力判定をしてくれます。A〜Eのランクごとに予想スコアが出るので、今の段階でどれくらいのスコアを取れそうかチェックしておきましょう。今のスコアを知れれば、目標スコアへの対策もしやすくなりますからね。

TOEIC®TEST実力判定『アプトレ』4

 

毎日チャレンジ!デイリー挑戦モードで競争を楽しもう

ただ問題を解いていても、飽きてしまうもの。そういう時は、全国のTOEIC学習者とスコアを競える『デイリー挑戦モード』を活用しましょう!

パート別演習では出てこない問題を初見で挑戦してスコアを競います。そしてスコアが出ると、アプリを使っているユーザーのランキングが表示されます。ここで全国上位に入れれば、TOEIC本番でもスコアアップが期待できるでしょう!

TOEIC®TEST実力判定『アプトレ』5

リスニング音声は5段階変速で実力に合わせて練習

  • TOEIC本番でリスニング問題がちょっと難しくて解けない
  • もっと速いスピードで練習ををしたい

こんなこと、思っている人もいると思います。練習で問題を解くのであれば、より自分の実力に合ったレベルを解きたいですよね。

このアプリの便利なポイントは、リスニング問題を5段階でスピード調整できるところです!

  1. 超遅
  2. 遅い
  3. 普通
  4. 速い
  5. 超速

私も重宝している機能ですが、超速で問題を解くと、かなり集中しないとあっという間に聞き逃してしまうくらい速いです。逆に、もっとしっかり聴きたい人は「遅い」または「超遅」で聴くと良い練習になるでしょう。

音声のスピード調整ができるのも、スマホアプリならではです。CDなどの英語教材では出来ない便利な機能があるのが嬉しいところ。

TOEIC®TEST実力判定『アプトレ』8

 

TOEIC対策のアドバイスも充実

勉強に飽きてきたら、TOEIC対策のアドバイスを読んでみましょう。TOEIC講師の人がおすすめする勉強法やアプリの使い方が記事になっているので、自分の勉強法と照らしあわせてチェックしてみてください。他の英語ができる人がどう勉強しているのかを知るのも、意外に学びが多く面白いものです。

TOEIC®TEST実力判定『アプトレ』6

 

以上、いかがだったでしょうか?TOEIC対策もアプリでここまで出来るようになったか!と個人的に感動しました。どんどん英語学習の環境は快適になってきていますね。120円でこれだけのコンテンツが使える良アプリなので、ぜひ使ってみてください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ