TOP > 英語学習法 > 短期間でスコアアップするIELTSの効果的な勉強法3つのコツ

2015.07.24(Fri) 英語学習法

短期間でスコアアップするIELTSの効果的な勉強法3つのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はIELTSテストの概要についてご紹介しましたが、今回はいかに短期間で効率的に目標スコアへ到達するまでの勉強法についてご紹介します。IELTSは試験時間が長い上に問題も特徴的なので、しっかり対策しなければ目標スコアには届きません。しっかりと勉強法をチェックしていってください!(IELTSについての特徴を知りたい方はこちらの記事をどうぞ)

短期間でスコアアップするIELTSの効果的な勉強方法3つのポイント

短期間でスコアアップするIELTSの効果的な勉強法3つのコツ

問題集でIELTSの問題パターンをまずは熟知しよう

前回も触れたとおり、IELTSはかなり特殊な問題形式からなり、4セクション(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)全てが評価の対象となる複合的なテストです。IELTSの問題パターンに慣れていなければネイティブスピーカーでさえも高得点を取得することは難しいと言われています。確実に目標スコアを取るためには、自分がどんな問題と取り組むのか知らなければいけません。

なので、IELTSの独特な問題形式に慣れるために日本でも発売されている参考書を使ってまずは問題パターンを知っておきましょう。実際の問題は全て英語で書かれていますが、練習の時は日本語で解説がある本を使うのもオススメです。慣れてきたら問題文も英語の参考書を使っていくようにしましょう。

IELTS受験生に人気なのがこちらの本、日本語で書かれている本の中ではかなり本格的な解説をしてくれているので受験生は1冊持っていて損はないでしょう。

新セルフスタディ IELTS 完全攻略
Anthony Allan
ジャパンタイムズ
売り上げランキング: 6,963

また、問題をたくさん解きたい人にはこちらの問題集がオススメ。CDも付いているのでリスニングの問題もしっかり対応しています。

IELTS実践トレーニング CD2枚付
木村 ゆみ クリスチャン バローズ 吉田 佳代
三修社
売り上げランキング: 6,569

公式問題集で試験時間160分の予行演習をしよう

Cambridge Universityから出版されているCambridge English IELTSシリーズが公式問題集として市販されています。本の順番によって全体的な難易度が少しずつ上がっていく仕組みになっているテキストで、中身はIELTSの本番のテストと全く同じ作りになっています。

いわゆる大学の赤本のようなもので、現在までに10冊目まで発刊されていますが、最初の1~3冊目までは問題も易しいものが中心なのでとにっかうひたすら繰り返し解いて、頭をIELTSテストに慣らしていくことが最初のステップです。もちろんIELTSの簡単な問題を解くにあたっても最低限必要な英語のレベルはありますが(語学学校でIELTSクラスに入るにはTOEICスコアで600前後必要になります。)、すでにこれくらいの英語力がある場合はこのシリーズをすぐに始めてみてください。特にライティング、リーディングに関しては時間が足りなくなる場合がほとんどなので、その辺りの時間配分もしっかり習得することがポイントです。

160分の長丁場を乗り切るためトイレ・コントロールと糖分摂取はマスト

IELTSで高得点取得のために欠かせないもの 、それは極度の緊張と160分間を乗り切れる集中力です。IELTSはリスニング(40分)からスタートし、その後リーディング(60分)、ライティング(60分)と続きます。一度でも受験したことがある人はご存知の通り、このリスニングからリーディング、ライティングまでの間に小休憩はないのです。トイレに行く時間もないまますぐに次のテスト用紙が配られスタートするので、慣れていないと焦って実力が出せなくなってしまいます

トイレがどうしても我慢できない場合、試験管に申し出てテスト時間内を使ってトイレに行くことは可能ですが、その分テスト時間は短くなってしまい、後で余分に時間をもらえるということはありません。こうしたIELTSのテスト環境に体と頭を適応させていけるかどうかが、目標スコアに到達する上で重要な要素となってきます。

また、試験前には途中でお腹がすいたり集中力が切れてしまわないよう、チョコレートなどを食べて糖分摂取しておくのもオススメです。そもそも160分は体調が万全でもなかなか集中しきるのは難しい時間なので、脳みそに必要な糖分を事前に摂っておきましょう。

 

以上、いかがだったでしょうか?IELTSはTOEICや英検などと比べても特殊な試験なので、専用の対策は必要不可欠ですのでぜひ参考にしてくださいね。次回以降はそれぞれのセクションの内容や勉強の仕方についてご紹介します!

The following two tabs change content below.
Timmy

Timmy

日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Timmy
Timmy
日本の大学卒業後渡豪し、今年でシドニー在住10年目。シドニーでカレッジに通いビジネスのAdvanced Diploma を取得。現地の語学学校にてマーケティングスタッフとして勤務。 2011年に技術独立ビザのカテゴリーで永住権を取得。その際にIELTSを猛勉強し、最終的にListening 8.0, Reading 7.5, Writing 7.0, Speaking 7.0の Overall 7.5のスコアを獲得。English Hackerでは英語の発音の勉強の仕方、語学留学、海外就職などについてのコラムを執筆。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ