英語でお茶をにごすのに便利なあいまい表現フレーズ

  • 英会話

英語はよく、表現や伝え方がダイレクトだと言われますが、そんなこともありません。英語でももちろんあいまいに答えたり、にごす言い方もあります。覚えておくと、しっかり文章にできないときに逃げれるので便利です(笑)

英語でお茶をにごすのに便利なあいまい表現フレーズ

-ish:みたい・くらい・ぽい

  • Blue-ish.「青っぽいよ」
  • Let’s meet 9ish.「9時くらいに会おう」
  • It is very Erika-ish.「それはとてもエリカっぽいね」

ishをつけると、なんでも形容詞になるのでとても便利です!「〜っぽいやつ」と言いたい時はこれ1つで万事解決。便利すぎて、私の大好きな英語表現の一つです(笑)

kind of (kinda)/ sort of:まぁ

  • I kinda like her. 「結構彼女のこと好きかも」
  • Did you pass the exam? - Sort of. 「試験受かったの?」「まぁね」

kind of はkindaと略されることがよくありますが、同じ意味です。また、sort ofは"sorta" と発音されることが多いです。はっきりYES / NOを言いづらい回答を求められたときに使いましょう。

Something like that:なんかそういうの

Me and Ken? We kinda see each other every weekend… something like that.
「私とケン?まぁ毎週会うようになって…そういう感じ。」

結果をクリアに言うのが難しい、めんどくさい時に使います。英語でこのフレーズがわからない!という時も使えるので便利です。

You know what I mean:言ってることわかるでしょ

Hey John, did you hear about that event? I heard it’s nice to go as a couple. You know what I mean.
「ねぇ、ジョン、あのイベントのこと聞いた?カップルで行くと良いって聞いたんだけど。言ってることわかるよね?

「私はクリアに言わないけど、どういう意味かわかるよね?」や「言わなくても、あとは自分で想像できるでしょ?」という意味です。例文ではジョンにプレッシャーをかけるために使っていますが、そうではないニュートラルなシチュエーションでも使えます。

 

時と場合によってはとっても便利で重要なあいまいな表現。ぜひ覚えてくださいね☆

この記事が気に入ったらシェアしよう