英語で応援しよう!スポーツ観戦に役立つ英会話フレーズ表現10選

  • 英会話


はスポーツのニュースをよく目にしますね。スポーツバーなどで観戦すると、熱気と歓声がすごいです。外国の方々も多いので、英語で一緒に応援したり悲しんだりできたら楽しいですよね。

そこで今回は、スポーツ観戦で役立つフレーズをまとめました!応援している方もそうですが、野次もなかなか勢いがあります(笑)ぜひ覚えて、一緒に応援したり、野次ってみてください!

[adsense]

応援する時の英語フレーズ

1.GO Marinners! (行け、マリナーズ!)

チーム名や人名を入れて応援します。簡単だし、これくらいならすぐ感情を込めて言えますよね!

2.That’s our Ichiro.(さすがは我らのイチロー。)

ファインプレーが出たときなどに言います。運動会でお父さんが"That's my son(さすが我が息子だ!)"なんて言ったりもします

3.Alright, alright!!(よしよしよしよし!!)

日本人も言いますよね!alrightを重ねていうと、その分イケイケな感じになります。

4.Kepp it going!(そのまま行け!)

「行け行け行け〜そのまま〜!」くらいのノリです。攻めが好調な時などに言います。

5.Japan did great!(日本代表やってくれた!)

オリンピックなどで役立つ一言です。Japanを人の名前にして"Ichiro did it!"なんて使い方でもOKです。

 

褒め言葉はこれぐらいでしょうか…次は負けている時やミスした選手へのヤジを見ていきましょう。こっちのほうがバリエーションが多いですが、かなり厳選して選びました(笑)

負けた時・ミスした時の英語フレーズ

6.What the f*ck are you doing!?(馬鹿野郎、何してんだあああああ!!!)

スポーツ以外でも使えるフレーズですが、何か重大なミスがあったりすると、これで叫びます!f*ckは放送禁止用語なので、使いすぎないでくださいね(笑)

7.Are you kidding me!?!?!(おめーふざけてんのかぁ!!!!)

直訳すると「冗談言ってるの?」という意味ですが、これもよく聞きます。日常の英会話でもよく使いますね。スポーツ観戦中はもっと嫌なニュアンスになりますが(笑)

8.He is such a jerk/bastard!(こいつ、くそだな!!!)

相手チームに、応援しているチームのエース選手などを怪我させられたらこう叫びます。"jerk"も"bastard"も「嫌な奴、クソ野郎」という意味の英単語です。

9.I can’t keep watching anymore.(もう見てられない。)

そういう時もあるでしょう。。。惨敗している時に使いたい一言です。相手チームにも言えるかもしれません。

10.This is such a disaster.(最悪だ。)

このフレーズも日常で使えます。disasterは災害という意味ですが、地震などの災害にも、最悪な状況=災害という意味でも使えるので、日本語の「災害」とはちょっと意味が異なることもあります。

 

いかがだったでしょうか?ちなみにスポーツチームを応援することは、cheer、supportまたはrootといいます。rootは、日本人には耳慣れない使い方だと思います。スポーツバーやパブで、いつもと違った会話やフレーズを是非楽しんでみてくださいね☆

この記事が気に入ったらシェアしよう