20歳すぎても英語は伸びる!大人になってから海外留学する3つのメリット

  • SLA(第二言語習得論)

みなさん、こんにちは!Timmy です。一般的に英語の学習は年齢が低いうちから始めれば、それだけ英語の発音もよくなる……と考えられています。確かにまだ脳が柔らかい幼少のほうが、英語の音をネイティブと同じ様に捉えられるのは事実です。

しかし、だからといって、大人になってから留学するのでは遅いのか、というと決してそんなことはありません。今回は大人ならではの留学の醍醐味をご紹介します。

大人になってから海外留学する3つのメリット

1.総合的に判断してベストな学校、ベストな滞在先を選べる

大人になってからの留学は経済的な余裕があることが多く、自分オリジナルの留学プランをカスタマイズすることが可能です。いろいろな情報から自分の好みやニーズに合った国や年、学校を選択できる、という「自由」さがあります。中高生留学の定番でもある、交換留学+ホームスティの形を取る必要もないので、住むところだって自分の気の合う外国人とシェアしたり、様々なスタイルを楽しめます。

実際にホームステイをしているだけでは英語は伸びずに終わることも多いのですが、これは自分に英語力がないまま絵留学だけしても基礎がないため伸びにくいせいです。特に英語が苦手な人であるほど語学学校でしっかりと学ぶスタイルを取ることをオススメします。

また、日本人ばかりの語学学校も要注意です。授業でしか英語を話さないで日本語ばっかり話して留学が終わったというのも失敗談でよく耳にします。語学学校をするなら英語で英語をずーっと学び続けるんだ、という気持ちで臨みましょう!

2.大人になってから留学している人には目的意識の高い人が多い

「キャリア留学」と呼ばれる、いわゆるある程度自分の国でキャリアを積んでから、更なるスキルアップを求めて留学に来ている生徒は、みな志が高く勤勉です。周りに真面目な人が多い環境で英語の勉強に没頭できるのも、社会人になってから語学学校することの大きなメリットです。

そういう留学生と知り合い、一緒に学ぶことで、自分のモチベーションも上がります。様々なバックグラウンドの人と交流することで、インターナショナルなコネクションを築き上げられることも魅力。将来の自分のキャリア形成にも、良い影響を受けますよ。

3.実は受験英語を一通りやり終えてからのほうが英語力が伸びる!?

幼少期に留学すれば、脳がまだ柔らかいうちに英語にどっぷり浸かることができる、というメリットは確かにあります。しかし、正しいグラマーを几帳面に勉強した後に留学することも、英語力向上には大切な要素です。

例えば中学3年生で留学してきたある女の子は、スピーキングや発音は難なくクリアしていましたが、実際ネイティブが会話で使うグラマーと日本の参考書に書かれてあるグラマーが違うことが多々あるため、かなり困惑していました。どちらのグラマーも「正しい」のですが、ネイティブの会話では省略されることも多いため、一通り英語のグラマーが頭に入っていないと、「?」となってしまいますよね。

深いレベルで「海外で生活し学ぶこと」を体験できるのが、大人になってから留学することのメリット。英語の発音だって、努力次第で「日本人と気づかれない」ところにまで持っていくことは可能ですよ!

 

以上、いかがだったでしょうか?大人になってからじゃ遅いなんてことはありませんし、大人には大人にしかできない学習スタイルがありますのでぜひ参考にしてください!

この記事が気に入ったらシェアしよう