TOP > スピーキング > 英語で褒めよう!ネイティブも超よく使う褒め言葉フレーズ10選

2015.05.22(Fri) スピーキング

英語で褒めよう!ネイティブも超よく使う褒め言葉フレーズ10選

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で褒め言葉をサッと言えると英会話が盛り上がってスムーズに進むものですが、実際何を言えばいいの?と分からない人も多いんじゃないでしょうか。そこで今回は、数ある褒め言葉の中でもネイティブが最もよく使う、かつ応用がきく便利フレーズ10選をご紹介します。

いいね!と一言で伝えられる褒め言葉

1. Very good!:いいね!

goodだけだと褒めている感じがあまりしないので、Veryを付けてセットで伝えてあげると良い褒め言葉になります。goodだけで言う時は気持ちを込めて、少し大げさにGood!と言うと同じような意味で伝えられます。

2. Great!:すごい!

最もよく使う褒め言葉の1つです。英語圏では日本語で考えるよりもずっと大げさに表現するくらいがちょうどいいので、Great!と何かあったらサッと言ってあげると会話がスムーズに進むでしょう。

3. Awesome!:最高!

こちらはやや若者言葉で、最高だね!という気持ちを伝える時に使います。Awesome!と単品でも使えますし、Awesome job!と後ろに具体的な何か褒める対象を持ってくるのもOK。主にアメリカ英語ですが、かなりよく使われるのでおさえておきたい表現です。

4. Excellent!

意味としてはAwesomeと似ていますが、こちらはアメリカでもイギリスでも最高だね!という気持ちを伝える時のややフォーマルな表現です。大人同士での会話やビジネスシーンでサッと使えるとかっこいいでしょう。

“Good Job”だけじゃない!頑張った人への褒め言葉

日本語だと「グッジョブ!」や「いいね!」にあたる、何か頑張った人への褒め言葉のバリエーションを見て行きましょう。英語だと褒め言葉はかなり多種多様なフレーズがありますが、今回のものを最低限おさえておけば問題ないものを厳選しました。

5.Not bad.:悪くないね。

日本語では「悪くないね」は使うこともあるかもしれませんが、英語にすると実はあまり褒めてない表現になります。「すごくはないけど、そこそこだね」というニュアンスになるので、あまり多用はしないようにしましょう。英語圏ではストレートに大げさに褒めるのがマナーと覚えておきましょう。

6.I’m proud of you.:(あなたを誇りに思うくらい)素晴らしいね

be proud of~で「~を誇りに思う」という表現で、最上級の褒め言葉で使われるフレーズの1つです。慣れないうちに言われても褒められていると気付かないこともあるかもしれませんが、英語圏ではよく使われる褒め言葉なので喜んで全然OKです。

7.That’s it!:それだ!

何かしたことが的を射ている時は「まさにそれだ!」という意味で使われます。直訳すると「あれがそれだ!」とよく分からない意味になりますが、英語圏ではかなりよく使われる表現なので使えるようになればグッとネイティブっぽい英会話ができるようになるでしょう。

8.Good work!:グッジョブ!

日本語で言えば「グッジョブ!」と同じ意味ですが、Good Jobよりもよく使われるこことが多いフレーズです(どちらも意味はほぼ同じですが)。スポーツ中などにチームメイトへ言ってあげると良いでしょう。

9.That’s better.:良くなってきた!

進歩や成長があった人に言ってあげると喜ばれるフレーズです。「成長してるね!」というニュアンスなので対応~目下の人へ向けて言うことが多いですね。

10.Way to go!:その調子!

wayは今のやり方を意味していて、「今のやり方いいよ、そのまま行こう!」というニュアンスになります。似た意味で”Keep going.”などもあります。

 

以上、いかがだったでしょうか? 日本語ではちょっと言いづらい褒め言葉も、英語ならさらっと言いやすいものです。 にっこり笑顔で力強く言ってあげられるとグッと英会話もスムーズに進むでしょう。ぜひ使ってみてください!

English Hacker公式著書のお知らせ
公式著書『最強スマホ英語』がAmazonのTOEICランキング1位を獲得しました!
おかげ様で早くも初版が売り切れそうなので、お早めにお買い求めください。

最強スマホ英語――言語の科学「SLA」でTOEIC(R)テストを500点アップさせる勉強法


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール
Shin Sasaki
Shin Sasaki
English Hacker編集長でありTOEIC950点のバイリンガル。SLA(第二言語習得論)を研究していた知見から、科学的に誰でも上達する英語学習法を発信しています。本メディア以外にもプレジデント誌での執筆など雑誌・webメディアへの寄稿多数。
前後の記事

コメントはお気軽にどうぞ